« 第7回開校⑥ | トップページ | 第8回開校① »

稲穂救出!!!

稲刈り後の籾(もみ)はしっかりと乾燥させることで

 

 

カビや悪臭を防ぎ、品質の低下を防ぐことができます。

 

 

そのため、『こども農学校』では、昔ながらのハザかけをして

 

 

日光と風によって乾燥効率を高めているんですが ・ ・ ・

 

 

(ちょっと難しい話になってしまいましたね)

 

 

四谷の千枚田のハザを倒した台風24号に続き

 

 

次の『こども農学校』開校日に台風25号が接近。

 

 

せっかく乾燥した稲穂が雨に濡れてしまっては台無しと

 

 

10月3日にスタッフを緊急招集して

 

 

ハザにかかった稲穂を安全な場所に避難させました。

 

 

まずは、ひもなどを使って稲穂を大きな束にまとめ    Photoそれを田んぼから運び出します。

 

 

棚田の急坂を下り、待機させていたトラックへ積むのですが   Photo_2これでまだ半分ぐらいの量 (@Д@;トホホ

 

 

でも、頑張るしかありませんね。

 

 

稲穂を引き上げ、空になったハザは同時に解体。     Photo_4来年以降も使えるよう、こちらもしっかり乾燥させます。

 

 

全ての稲穂をトラックに積み込み、ほっと一息。

 

 

しかしまだやるべきことが!

 

 

というわけで、休憩もほどほどに次の作業へ (  ̄^ ̄)ゞヤルカ

 

 

JA本店からほど近くにある家畜市場へ稲穂を持ち込み  Photo_510月6日まで乾燥させるため、鉄柵へとかけていきます。

 

 

額に汗を浮かべながら、作業を続けること計4時間。

 

 

即席のハザが完成し、今度こそ作業終了。Photo_6みんながお米を口にするまでの間には

 

 

いろいろな苦労(作業)があるんですね Σ( ゜Д゜)ソウナノカ!

 

 

さぁ、これで脱穀の授業が無事に迎えられそうです!

|

« 第7回開校⑥ | トップページ | 第8回開校① »