« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

ラストスパート

12月8日(土)は「こども農学校」の修了式。

 

 

本日、最後の授業に向けたスタッフ会議が行われました。

 

 

餅つきや寄せ植えなど、当日は親子体験が盛りだくさん。

 

 

一年間の活動を子どもたちが作文で振り返る

 

 

思い出発表会も今から本当に楽しみです (*゚∀゚)=3

 

 

みなさん笑顔で会いましょうね☆

|

第9回開校⑥

JAまつり会場での販売体験 (=゚ω゚)ノイラッシャイマセ!!

 

 

「こども八百屋さん」には一度に全員が入りきらないため

 

 

体験は2班ずつ、3グループに分かれて行いました。

 

 

1グループは、JAまつり会場の探検へ出発!

 

 

旬の地元食材などを試食しながら会場を回っていると

 

 

無料で楽しめる子ども縁日コーナーを発見☆

 

 

愛知県下JA-SSの安全運転応援サポーターを務める

 

 

OS☆Uのお姉さんたちの案内で8交通標識を楽しく学ぶサイコロビンゴに挑戦しました。

 

 

「あっ!ビンゴーーーーッ!!!!」

 

 

「ここから好きなの選んでいいよ(笑)」

 

 

そろった列に応じて景品(お菓子)がグレードアップ♪9子どもたちも→「おやつゲット!」と喜んでいました。

 

 

その他、会場では木工体験なども行うことができ、

 

 

限られた時間の中で、まつりを存分に楽しみました。

 

 

そして気になるもう1グループはというと ・ ・ ・   10まつり会場での体験を思い出ノートに記入。

 

 

みんな大きな声で八百屋さんの呼び込みを行えましたね。

 

 

さて、次回はいよいよ最後の授業 (○`・ェ・)ノ

 

 

一年間の活動を作文で振り返る思い出発表会では

 

 

子どもたちからどんな声を聞くことができるのか

 

 

スタッフ一同、今から楽しみにしています ( ^ω^ )

 

(【第9回】おわり)

|

第9回開校⑤

「こども八百屋さん」の開店とほぼ同時刻、

 

 

班長さんたちがステージ上に集まり、1販売品目や一年間の活動をPRすることに (* ̄0 ̄)ノ

 

 

「キミが持っているものは何かな?」

 

 

「これまでの作業で大変だったことは?」など

 

 

MCの宮部和裕アナ(CBCテレビ)や

 

 

OS☆Uのメンバーからの質問などを交えて     3楽しいトークを繰り広げてくれました(笑)

 

 

こちらは、それを見守る子どもたちの様子。   2_2ステージ上の子どもたちはやや緊張気味でしたが   

 

 

みんなは余裕のピースサイン ( ^ω^ )v

 

 

マイクを通して、元気な声が会場中に響き渡ったおかげで

 

 

八百屋さんにはたくさんの人だかりが出来ていました☆

 

(次回へ続く)

|

第9回開校④

販売体験を行うJAまつり会場に到着すると

 

 

「こども八百屋さん」の開店を待ちわびる人だかりが。

 

 

カチッ カチッ カチッ ・ ・ ・ 

 

 

「さぁ、定刻になったので始めまーーーす!!」

 

 

毎年、恒例となっているこの販売体験。

 

 

店頭には、朝採りしたサトイモをはじめ、

 

 

農園で採れたサツマイモのスティックフライ、

 

 

棚田で育てたハザかけ米(ミネアサヒ)が並びました。

 

 

「いらっしゃいませーっ」 「わたしたちが育てた野菜です」  7初めは恥ずかしがっていた子どもたちも

 

 

慣れるにつれて大きな声が出るようになってきました。

 

 

人気のハザかけ米は開店してすぐに完売☆

 

 

子どもたちの元気な呼びかけに多くの方が立ち寄り   6保護者の方たちもその様子を写真に撮るなどしていました。

 

 

テントでは販売体験だけでなく、    5子どもたちが農園で育てたカボチャの重さ当てや

 

 

北海道胆振東部地震の災害支援募金を行い    4こちらも利用や協力を元気な声で呼びかけました。

 

 

昨年の大雨とはうって変わって

 

 

今年は快晴に恵まれて本当に良かったですね。

 

(次回へ続く)

|

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »